母の日に手作りプレゼント!プラバンで母の推しマグネットを作ってプレゼントしてみた!




母の日に手作りのプレゼントを贈ろう!印刷できるプラバンを使って、お母さんの推しのマグネットを作ってみました!

プラバン推しマグネットの作り方

作り方はめちゃめちゃ簡単です!今からつくっても母の日に間に合います!

材料も100均で手に入るものでできます!

では早速作っていきましょう!

材料

  • プラバン インクジェットプリンター用(白)ダイソー
  • マグネット
  • 接着剤
  • 推しの画像
  • 推しに言われたら嬉しいであろう、お母さんへのメッセージ

作り方

手順1:お母さんの推しの画像をコピーし、はがきサイズに縮小する。

お母さんの推しの画像をコピーし、はがきサイズに縮小する。

今回はエクセルをはがきサイズに設定し、画像を貼り付けました。

エクセルでの画像加工方法はこちら!
EXCELで簡単画像加工!サイズ変更やトリミング、左右反転をする方法

余った余白に母へのメッセージも入力しました!

手順2:画像を印刷する

はがきサイズに縮小した画像データをプラバンに印刷します。

ちなみにプラバンは焼く前と、焼いた後では焼いた後のほうが色がだいぶ濃くなります。そのため、印刷設定などで、印刷の濃さを薄めに設定しておきましょう!

私が使っているプリンタはこちらです。複合機なので、コピーも可能。スマホからも無線で印刷可能です。もちろん濃淡の調節もできます!コスパがよくておススメ!

手順3:印刷したプラバンシートの余分な部分をカットする。

お好みで、写真以外の余分な部分をカットします。

お母さんの推しさん。モザイクかけてごめんなさい。

手順4:オーブントースターで焼く

アルミホイルの上にプラバンシートをのせて、オーブントースターで焼きます。

我が家は温度調節ができるトースターなので160℃で1~2分焼きました。

必ずトースターの中を確認していてください。

大きかったプラバンが、だんだん歪んで小さくなっていきます。かなりぐにゃぐにゃになりますが、じっと我慢してみていると、平たく戻っていきます。プラバンがだいたい平面になって、動かなくなったら、取り出します。(やけど注意!)

取り出したら、クッキングシートに挟み、厚めの本と本の間に挟みます。2~3分触らずに冷やします。

小さく厚くなりました!

手順5:レジンかトップコートを塗る

UVレジンかトップコートを表面に塗ります!

手順6:後ろ側にマグネットを接着剤でつける

裏面に接着剤でマグネットを付けます。

完成!!

今回は冷蔵庫に貼る設定で、こんな吹き出しメモも作ってみました。

お母さんの癒しになりますように…。

2種類作ってみた!

おかんの薬の飲み忘れを心配してくれる推しさん。やさしい。

もちろん私、いい歳の大人なので、これだけでなく、ワインなども送っておきましたよ!コロナが収束したら、一緒に飲みたいです!

まとめ

今回はプリンタで印刷できるプラバンを使って、推しマグネットを作る方法をご紹介しました。

母の日じゃなくても、自分用にマグネット作ってみたり、もしくは孫の写真とかで作ってプレゼントしてみたり、いろいろなことができそうです!

本当に簡単につくれるので、ぜひみなさんもやってみてくださいね!

材料をネットで購入したい方はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です